やっぱり大事!車検に出してみてわかること

by admin on

車の部品は消耗品が多い

車検といえば、車に乗るためには欠かせないとても大切なものですよね。普段は忙しくて、なかなか車のメンテナンスをしてもらう機会が作れないという人もいるでしょう。車検に出したら、たくさん部品の交換が必要になってしまったということもあるかもしれませんね。それだけ車の部品には消耗品が多いというのも事実なんです。普通に乗っていたとしても、必ず部品は劣化していくものだということを頭に入れておくと良いかもしれませんね。

タイヤは3年くらいが交換目安

車検に出したときに、タイヤの溝をチェックされるのはご存知ですよね。あまり車に乗る機会が少ない人なら、タイヤの溝の減り具合も少なくなるものでしょう。そこで注意してもらいたいのが、タイヤの溝だけでなく、使用期間を確認するということなんです。タイヤはゴム製品なので、使わなくても自然と劣化していってしまうんですね。一般的には3年くらいが交換目安とされているので、溝が充分に残っていたとしても、お店の人に状態を確認してもらうようにしましょう。

ブレーキパッドの寿命は運転の仕方で変わる

車検に出したときに、よく交換することになるのがブレーキパッドなんです。もちろんブレーキパッドも消耗品ではあるのですが、実は運転の仕方によって寿命が大きく変わってくるんですね。荒い運転で急ブレーキをよく使っていたりすると、ブレーキパッドの減りも大きくなってしまうでしょう。そのため、なるべく燃費を意識した優しい運転を心掛けるのがおすすめなんですね。そうすれば、ブレーキパッドも長持ちしますし、経済的にもメリットとなりますよね。

広島の車検では、不備がある場所の整備などがセットになったプランなどがあるので、一度にすますことができます。

Written by: admin